土砂災害警戒情報について!

近年では、地球温暖化のせいもあってか、数年前と比べ気候とか、気象現象が変わってきているような気がしますが、あなたはどう思いますか?以前には全く大雨なんて降らなかった地域であっても、数日間でビックリする程の大雨が降っていますよね。
河川が氾濫したりとか、家の裏山が土砂崩れたりだとか多くなりましたよね。
大雨は怖いですよね。
(汗)河川が溢れて床上、床下浸水の危険性もあります。
とにかく河川の近くに住んでいる人は注意しましょう。
大雨が続いた時は、避難するように注意が必要があります。
また、山手に住んでいる人が警戒しなければならないのが「土砂災害」ですよね。
大雨による土砂災害発生の危険度が高まった場合、市町村長が避難勧告などを発令することがあります。
それは、「土砂災害警戒情報」になります。
土砂災害警戒情報の対象は、主に2つのパターンの時ですね。
<1つ目>避難勧告などの災害応急対応が必要な土石流の時です。
<2つ目>集中的に発生する急傾斜地崩壊になります。
しかし、土砂災害は、それぞれの山の斜面における状況(植生・地質・風化の程度、地下水の状況など)に大きく影響されます。
そのため、個別の災害発生箇所・時間・規模などを詳細に特定することは出来ません。
そうすることが大事ですね。
大雨が続きますよね。
この場合で、いつもと様子が違ってきたら、直ぐに避難しなければなりませんよ。
大雨注意報、大雨警報などが発令します。
注意報もいつ警報に変わるかわかりませんので注意しておきましょう。
非常食通販ショップ人気ランキング